間口が広いエンベデッドエンジニア

フリーランスへの転向はIT系だけに限らず、様々な職種において自分が関わりたいと思う仕事に参加できるようになるための入口であり、幸運に恵まれれば、興味関心が強く刺激されるような業務にめぐり合うことも可能です。
しかし、IT系業務に関しては、その専門性の高さから「いろんな業務を体験してみる」といったことが難しく、フリーランスに転向したのに自分の関心に沿わない業務を担当させられて、全く面白味が感じられないといった経験をする人も少なからずいるのが現状です。
可能であればIT系業務で様々な仕事を担当してその面白味を体験してみたいとは誰しもが感じる所ですが、一度専門性に特化して仕事に取り掛かってしまえば、そこから業務内容を変更することは意外に難しいと言えるでしょう。
そうした中、「エンベデッドエンジニア」と呼ばれる職種であれば比較的広い業務を担当できるので、仕事の面白味を見つける機会に恵まれることがあるかもしれません。
一般的にエンベデッドエンジニアとはマイコンと呼ばれる電子機器の構築を担当するのが仕事ですが、上流工程であるシステムエンジニアリングにも関与する側面があるため、システム設計に携わることもできます。
一方で機器の運搬や管理といった実務的な仕事を行う場合もあることから、フリーランスに転向したばかりの状態でも業務に関わることができるため、非常に間口が広い職種でもあります。
まずはIT機器の側面からアプローチして、より上流の工程を目指すというのもフリーとして活躍する場合の常道の一つです。